● きまぐれ創 ●

保護犬とか手仕事とか、人形とか---時々お店。

僕の躰は数多の破片が作り出すドーム型に、壁から天井へと映し出されて増幅した。畸形学に捧げられたこの場に、僕は僕自身の畸形性をもって敬意をはらったのだ。僕はわが身を、過去に、幻想の同志に、鏡の中に封じ込められた苦悩に捧げたのだ。エルヴェ・ギベール『常套的操作について』黒木實訳

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。